消費者金融ってどんなところ?

消費者金融とはどんなところなのか明確に知っていますか。お金を借りるところという印象が強いでしょう。確かに消費者金融はお金を借りることが出来るところではありますが、誰でも必ず借りることが出来るという訳ではありませんし、借りるためには様々な規則があります。借りたお金をそのまま返せばいいという訳でもありません。

では消費者金融とはいったいどんなところなのでしょうか。

消費者金融は個人向け融資を行っている企業

消費者金融とは、個人にお金を貸すための企業です。 銀行でもお金を借りることが出来ますが、こちらは審査が厳しい、条件がある、理由がいるなど、お金を借りるためのハードルが若干高くなっています。 その点で消費者金融は、個人であればそこまで理由を問わずにお金を貸してくれます。また、無担保、保証人不要での借り入れが基本です。そのため担保を用意することも、保証人が必要ということもなく借りることが出来るのです。すぐにお金が必要、担保や保証人を用意しなくてもいい、ということで比較的気軽な気持ちでお金を借りられるでしょう。

また、消費者金融は貸金業法という法律の下で運営している、きちんとした企業です。法律に従って運営しているので、しっかりと返済をしていれば余計なトラブルが起こることもないでしょう。

サラ金と消費者金融の違い

消費者金融と似た企業で、サラ金という呼び方があります。これは消費者金融を別の呼び方にしたようなもので、サラリーマンを対象にした無担保化貸付金融業のことを言います。サラ金のほかに、街金と呼ばれることもありました。

こちらは基本的には消費者金融とは変わりありませんが、消費者金融と比べると若干グレーよりの行為をしている消費者金融のことを指すことが多い傾向です。しかし法律も厳しくなり、金融業会も厳しく取り締まられるようになり、サラ金もほとんどなくなったので安心をしてください。

闇金と消費者金融の違い

闇金とは、消費者金融とは違い届出を出していない違法な金融業のことをいいます。消費者金融は法律に則って営業をしているので利息の規則などが決められていますが、闇金は違法の消費者金融なので利息の上限がなく、いくらでも利息が膨れ上がる可能性があります。

そのため、消費者金融を利用するときは必ず消費者金融であること、闇金ではないことを確認したうえで利用をしましょう。闇金に引っかかってしまうと、膨大な利息を背負う可能性があります。