リボ払いはなぜ危険なのか

クレジットカードやカードローンを利用する上で注意したいのがリボ払いです。企業側はリボ払いを勧めることが多いでしょう。リボ払いをするとポイント付与率が上がるというキャンペーンを行っている企業もありますし、最初からリボ払いがデフォルトになっている場合もあります。

しかしリボ払いは債務者側からするとメリットがありません。リボ払いの仕組みをしっかりと理解した上で利用しましょう。

リボ払いとは?

リボ払いは、毎月決められた金額を定額支払いしていく返済方法です。 10万円借りても、100万円借りても、最初に月1万円返済を決めてしまえば毎月1万円の返済で問題ありません。

通常の支払いだと借り入れ金額が増えれば増えるほど毎月の支払い金額も増えていきます。その点、毎月固定の支払いだと返済計画も立てやすく、気軽に借り入れをすることが出来る、と思ってしまうでしょう。そこが罠なのです。

リボ払いを続けると元金が全然減らない可能性が

リボ払いは毎月決まった支払い金額となりますが、割合は変わってきます。借り入れ金額が多ければ多いほど、毎月返済金額中の利息が増えていくのです。

場合によっては、毎月1万円返済をしている中の9千円が利息で1千円が元金になっている場合もあります。 毎月1千円しか元金を返済できない状態だと、いつまでたっても返済が終わりません。 リボ払いを利用するときは、どれだけの割合で元金を返済できているのかを把握した上で利用をしてください。